りんたろーのEDクリニック

りんたろーEDクリニックのご案内

 

こんにちは、りんたろーです。

 

このサイトは一般ピーポーであるりんたろーが50歳でEDになり、EDを克服するにあたり、バイアグラやレビトラ、シアリス、はたまたそれらのジェネリック医薬品のED治療薬を試した体験記です。

 

主な入手経路は病院で処方されたものにプラスして海外医薬品の個人輸入代行サイトも含まれます。

 

最近バイアグラやその他のED治療薬の偽物が出回っていますが、ネット通販での偽造医薬品が日本国内にも入ってきています。

 

日本でED治療薬を製造販売する4社が調査したところによると海外から輸入されたED治療薬の内、約40%が偽造品だったことが判明しています。

 

ということは誰もが偽物を買わされる危険性があるということです。

 

偽物を掴まされないためにも正しい知識と経験に基づいた情報を発信していきます。

 

ちなみにりんたろーは決して医療関係者ではありません。ただのアラフィフオヤジなので誤解のないようお願いしますm(__)m

 

EDとは?

EDとは?

誰もが一度は聞いたことのある言葉ED(イーディー)。

 

ED(イーディー)とは英語の「Erectile Dysfunction」の略で「勃起不全」「勃起障害」のことを指します。

 

主に40代以上の男性に多く、十分な勃起(ぼっき)が得られないか維持できないために満足に性行が行えない状態になる症状です。

 

なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人がEDであるという調査結果もあるほどです。

 

EDの症状は様々

EDの症状

EDは「まったく勃起ができない」状態のことだけではありません。

 

 

ED(イーディー)の原因は人それぞれですが、主な要因として3つの要因が挙げられます。

 

心因性

過度の緊張、トラウマ、ストレスなどが主な原因。

器質性

高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下、老化など体の何らかの病気が原因。

混合性

上記2つの特徴を合わせたもの。

 

つまりEDとはれっきとした病気であり、決して恥ずかしいものでもなんでもないということを分かって欲しいです。

 

1人で悩まないで、まずは薬を使ってでも治すことを考えましょう。結婚しているならパートナーとの相互理解も重要です。

 

不妊で悩む夫婦の中には夫のEDが原因の一つにも挙げられています。

 

EDを治すことは自分のためでもあると同時にパートナーのためでもあることを忘れないでください。

 

 

バイアグラを試そうと思ったきっかけ

バイアグラを試そうと思ったきっかけ

りんたろーはバツイチですが、2回目の結婚をしたのが40代半ば。妻は18歳年下。

 

その時すでに気になってはいたものの、EDという自覚はまったく持っていませんでした。

 

ただ30代の頃よりパワー自体はなくなっており、また30代の頃遅漏気味だったにもかかわらず今の妻と知り合った頃から一転して早漏気味になっていました。

 

まあきっと妻の具合がいいんだろうと気楽に考えていましたが、早漏の症状は年々ひどくなっていき、またそれに伴って勃起力もかなり減退していき、いざというときに出来ないということも多くなっていきました。

 

50代に差し掛かったころさすがにこのままではだめだと思い色々なことは試しました。

 

最初はサプリメントの亜鉛なども飲んでみましたが、症状の改善はみられず、日に日に夫婦生活も月1回程度とかなり少なくなってしまい妻には申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

しかし、自分でするときはしっかり勃つし、単なる体調だと思い込んでいるところもあったので、EDだという認識はまるでなく、むしろ早漏を治したいという気持ちのほうが強くなっていました。

 

そこでペ●スに被せるサックなどを購入してみたり、極厚のコンドームを購入してみたりと、明らかにズレた対策をしていました。

 

もちろん、いざというときにしっかり勃ってはくれないのでサックもコンドームも全く役には立ちません。

 

そこで初めて勃起力をなんとかしないとという気持ちになり、EDについて調べるようになりました。

 

もちろんバイアグラの存在は知っていましたが、まさか自分がそれを飲むことになるとは思っていませんでした。

 

しかし年齢的にまったく不思議はないし、むしろバイアグラを飲むことで自分も自信を取り戻すことができるし、妻も満足させてやることができるのではないかという思いになりました。

 

これを読んでいる人の多くは結婚されている方だと思いますが、一人で悩んでないで、是非とも行動を起こしてください。

 

ただバイアグラなどのED治療薬を服用する際は服用のタイミングなども限定されますので、かならず奥さんやパートナー話し合い、ED治療薬を飲むことの了解を得るようにしてくださいね。

 

ED治療薬の種類

ED治療薬の種類

バイアグラは今や誰でも知ってる世界一有名なED治療薬です。

 

後発のED治療薬にはレビトラとシアリスがあります。

 

この3つが世界三大ED治療薬と呼ばれ、今では世界100ヶ国以上で販売されています。

 

バイアグラは米ファイザー社によって開発された世界初のED治療薬で、1999年3月から日本でも販売されています。

 

バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、服用して1時間くらいで効き始め4時間くらい効果は続きます。

 

 

レビトラ(LEVITRAR)はバイアグラの次にドイツ・バイエル社から発売されたED治療薬で日本でも2004年6月から販売されています。

 

レビトラの有効成分はバルデナフィル。即効性があるのが特徴で効果持続時間も4時間〜10時間とけっこう長め。

 

 

シアリス(CialisR)はバイアグラ、レビトラに続いて日本イーライリリー株式会社から2007年7月から発売が開始されました。

 

シアリスの有効成分はタダラフィル。即効性はありませんが効果持続時間が36時間と3つの中では最も長い時間効き目が出続けます。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスを比較しました

バイアグラ
製薬会社 ファイザー社
国内発売時期 1999年3月
主な特徴 最初に発売された世界で最も有名なED治療薬。青い菱形の錠剤。
食事の影響 食事の影響を受ける
服用のタイミング 空腹時
副作用 顔のほてり・頭痛・動悸・鼻炎・不快感・視覚異常など
主成分 容量 効果の持続時間
シルデナフィル 25mg/50mg 4時間〜5時間

レビトラ
製薬会社 バイエル薬品
国内発売時期 10mg 2004年6月・20mg 2007年7月
主な特徴 効き始めが早く副作用が少ない。オレンジの丸い錠剤。
食事の影響 食事の影響を多少受ける
服用のタイミング 食後30分以降に服用
副作用 顔のほてり・頭痛・動悸・鼻炎・不快感・視覚異常など
主成分 容量 効果の持続時間
バルデナフィル 20mg 5時間〜10時間

シアリス
製薬会社 日本イーライリリー社
国内発売時期 2007年9月
主な特徴 効果持続時間が長い。黄色の種子状の錠剤。
食事の影響 食事の影響を受けない
服用のタイミング いつでも
副作用 顔のほてり・頭痛・消化不良・動悸・鼻炎・倦怠感」「筋肉痛
主成分 容量 効果の持続時間
タダラフィル 20mg 30〜36時間

 

 

ED治療薬は保険適用外

バイアグラは保険適用外

バイアグラをはじめとするED治療薬はすべて保険が効きません。

 

つまり処方してもらうには実費となります。

 

正規品、ジェネリックともこれは共通です。

 

ちなみにバイアグラを病院で処方してもらうとなると、1錠約1500円。1箱4錠入りなら6000円とかなり高額になります。

 

レビトラ、シアリスはバイアグラよりも少々割高で1錠約2000円ほど。

 

1回に使うくするの値段としてはかなり高額と感じてしまいますね。

 

EDに悩む男性は意外に多い?

EDに悩む男性

調査によると実は40代の20%、50代のなんと40%がEDだという結果が。

 

40代50代を合わせるとなんと半分以上の男性がEDを自覚しているということになります。

 

最近では20代、30代のED患者も増えてきていて、まさに現代病と言えるかもしれません。

 

しかし、その中で病院に行ったことがあるという人はなんとたったの約5%という事実。

 

確かに周りでEDだという人を聞いたことがないという人も多いでしょう。

 

そうEDは男性にとっても誰にも言えないデリケートな悩みだということです。

 

ED治療薬の副作用は?

>ED治療薬の副作用は?

ED治療薬を服用してから起こる副作用は主に顔のほてり・頭痛・動悸・鼻炎・不快感・視覚異常などです。

 

これはED治療薬に血管拡張などの作用があることからしかたのないところですが、副作用でもっとも多い症状が頭痛や鼻づまりでこれらは服用した多くの人が経験しています。

 

ちなみにりんたろーは主に頭痛がメインでした。それ以外の副作用はほとんど感じたことがないのでかなり個人差があるようです。

 

今のところ視覚異常などの副作用を経験したという話は聞いたことがありません(あくまで個人的にですが)

 

ED治療薬の購入方法は?

ED治療薬の購入方法

バイアグラをはじめとして、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

 

決して町の薬局などには売っていません。

 

日本国内でバイアグラは50mg、25mg、レビトラは20mg、10mg、シアリスは20mg、10mgまでしか承認されていません。

 

海外などではバイアグラは100mgまで承認されているとことが多いですが、欧米諸国に比べ身体の小柄な日本人には50mgまでが妥当と言えるでしょう。

 

最近ではバイアグラなどは特に偽物が多く出回っているので個人間の売買など、怪しいネット通販などでは購入しない方が賢明だと思います。

 

安心・確実にED治療薬の効果を体感したいのであれば病院で処方してもらうことをお勧めします。

 

ED治療薬の価格

ご存じのとおり、ED治療薬は保険適用外となります。

 

なので全額自己負担となり診察料、初診料、薬代がかかります。

 

ED治療薬の価格を比較

バイアグラ50mg 1錠1500円〜1600円 ※別途診察料が必要
レビトラ20mg 1錠1400円〜1500円 ※別途診察料が必要
シアリス20mg 1錠1600円〜1800円 ※別途診察料が必要

 

3つのED治療薬の中ではシアリスが若干割高になっています。

 

バイアグラとレビトラはそれほど変わりません。

 

処方してくれる病院によって多少差があります。