妻だけEDになる3つの理由

妻だけEDとは?

こんにちは、りんたろーです。

 

妻だけEDとは1人でする時や妻以外の誰かが相手だった場合は問題なく勃つけれど、妻が相手だった時だけ勃たない状態のことを言います。

 

セックスをしたくないわけじゃない、でも妻にだけはその気になれない。

 

長い結婚生活が続くと、マンネリ化してしまうのは仕方のないことかもしれませんが、なぜ妻だけEDを発症する男性が多いのでしょうか?

 

妻だけEDになる3つの理由

妻だけEDになる3つの理由

女性としての魅力を感じない

普段から常に一緒に生活していて、妻の色々な姿を見てきた夫にとって妻を女性と感じられなくなる時があります。

 

  • 妻がほとんど化粧をしなくなった。
  • 女性らしい態度がなくなった。
  • 結婚後太ってしまった。

 

これらは多くお男性が共感するかと思いますが、確かに結婚前と結婚後で妻の態度は一変することが多々あります。

 

もちろんこれは奥さんの責任だというには酷ですが、夫にも責任は大いにあります。

 

これらの要素が色々重なり合って妻だけEDになるケースが多いです。

 

確かに夫は妻を女性として見れなくなっているかもしれませんが、その分妻を一人の人間として尊敬しているということでもあるんです。

 

女性として見るのではなく、1人の人間として見るから、妻よりも大切な家族という目で見てしまうのかもしれません。

 

子どもの母親としてしか見れない

これは確かによくあるケースで、自分一人の妻から子どもの母親になってしまったことが原因で妻だけEDになるケースです。

 

2人きりの時間も少なくなって、夜の営みに罪悪感を感じてしまうケースもあるようです。

 

たまには2人きりで出かけたり、デートをしてみるのもいいかもしれません。

 

妻が非協力的

妻がセックスに対して協力的でないと、夫はセックスをあきらめてしまいます。

 

男性からしたら無理やりしても楽しくないですし、求める気力も失われていきます。

 

そうなってしまうと夫は外に刺激を求めるようになり、余計に妻だけEDの症状が加速します。

 

普段からのコミュニケーションも大切にしたほうがいいですね。

 

妻だけEDを克服3つの方法

妻だけEDによって夫婦仲が悪くなったり、会話が少なくなったりすると、いずれは離婚。。。なんてことにもなりかねません。

 

ここでは妻だけEDを克服するための3つの方法をお伝えします。

妻だけEDを克服3つの方法

妻と二人だけの時間を作る

まず一番大事なのは妻との2人だけの時間を作ることです。

 

自宅だけではなく、2人で出かけたり、思い出の場所でデートをしてみたり、手をつないでみたり、付き合っていたころを思い出すようなデートをしてみましょう。

 

セックスにこだわらず、お互いが新鮮な気持ちで向き合えるような時間を作りましょう。

 

感謝の気持ちと愛情を言葉にする

感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。

 

いくら心で思っていても口に出さないと相手には伝わりません。

 

日頃の感謝を思い切って伝えてみましょう。

 

また、「愛してる」「好き」と言葉に出して言ってみましょう。

 

照れくさくて言えないっていう人もいるかもしれませんが、ここは勇気を振り絞りましょう。

 

ちなみにりんたろー夫婦は常に「好き」という言葉をお互い伝えるようにしています。

 

「愛してる」は恥ずかしくて言えませんので「好き」だけです。

 

どういうときに言うのかというと、ちょっと軽い言い合いみたいになった時、どちらかが必ず「俺(私)のこと嫌いなん?」と聞きます。

 

それに対して言われた方は必ず「好き」と返します。

 

これなら、自然に無理なく「好き」と言えます。

 

ポイントは必ず「嫌いなん?」と聞くことです。

 

そうすれば相手は好きとしか答えられなくなるので。

 

ご参考までに(^_^.)

 

セックスできるようにする

妻だけEDになる3つの理由

妻だけEDをもっとも簡単に解決することはセックスできるようにすることです。

 

いつもと違った雰囲気でしてみたり、シチュエーションを変えてみたりすると妻だけEDが治ることもあります。

 

さらに簡単なのはED治療薬に頼ることです。

 

バイアグラ、シアリス、レビトラ、何でもいいので服用してみる。

 

妻だけEDの場合、根本的なEDではないので、少量で十分効き目が出るはずです。

 

またこれをきっかけに妻だけEDが治ることもあるらしいので試してみる価値はあると思います。

 

≫ED治療薬の入手方法はこちら